Effort

上勝町民の取り組み

ごみの13種類45分別を行う上勝町の人々。
ゼロ・ウェイストに取り組むのは大変なことだと思うかもしれません。
でも、町民はそれぞれできる範囲で、楽しみながらゼロ・ウェイストを目指しています。
そんな町民の暮らしをご紹介します。
01.
四人家族女性
(30代)
自分のできる範囲で
ゼロ・ウェイスト
02.
一人暮らし女性
(50代)
ごみが出ない暮らし
気持ち良い
03.
一人暮らし男性
(20代)
家庭でのごみ分別を
意識するように
04.
一人暮らし女性
(60代)
昔から使われてきた物が好き
01.
四人家族女性
(30代)

自分のできる範囲でゼロ・ウェイスト

上勝町のゼロ・ウェイストをコンセプトにしたクラフトビールのお店で働いています。
町外からのお客様にゼロ・ウェイストを伝えることで、自分の興味も深まっていきました。
息子が2人いるのですが、子育ては大変なので無理はせず、
できる範囲でごみを減らす努力をしています。
4月からはお店の店長に。ゼロ・ウェイストを楽しく伝えられるように日々勉強。

私がゼロ・ウェイストを知ったのは、夫が仕事で上勝町に来るようになったからです。当時は徳島市内に住んでいて「へぇ〜、こんな町があるんだ」って思ったくらいでした。

2年前、私もRISE&WIN(上勝町のゼロ・ウェイストをコンセプトにしたクラフトビールのお店)でアルバイトをはじめました。町外からのお客様が多いので、上勝町のことやゼロ・ウェイストのことをちゃんと話せないといけないなと思い、上勝町やゼロ・ウェイストのことを調べるようになりました。勉強すればするほど上勝町のゼロ・ウェイストって本当にすごいんだ!と感じました。そんなことを「お客様にもっと楽しく伝えたい」、「お店でできることは何だろう?」と考えるようになりました。

1年前、家族で上勝町に移住しました。実際に家庭でごみの分別をするようになって「結構大変だな、面倒臭いな」と思いました。だからこそ、家庭でのごみを減らせるよう、工夫するようになりました。

味噌などは鳴門で量り売りしているところがあるので、そこまで買いに行っています。家で使うキッチンクリーナーや窓のクリーナーは、お店でワークショップを開催した時に教えてもらって作ったものです。

自然由来のものを使って作ったクリーナー。手作りなので、安心で安全。
家庭では子どももごみを分別。おやつのごみは自分でごみ箱へ。

私がゼロ・ウェイストに取り組む時、大切にしているのは“できる範囲で”ということ。完璧にやろうとすると大変になってしまうので、自分が無理なく、できる範囲で取り組むようにしています。

一番ごみが出るのはやっぱり子どもの物ですね。おやつもなるべくパッケージの少ないものにしたいとは思うのですが、そこは子どもが欲しいものを買ってあげるようにしています。

日曜日には子どもと一緒にゴミステーションに行くようにしています。上の子(5歳)はゴミステーションでリサイクルマークを覚えたようで、スーパーに買い物に行った時に「あ!あのマークあるよ!」と教えてくれたりします。

できる範囲でやるって決めているので、特に苦労することはないですね。でも、もっとごみを減らせる良い方法があれば取り入れていきたいなと思っています。
例えば町内では、もっとパッケージなしの買い物が出来ればいいなと思います。肉や魚の量り売りもしてくれたら利用したいです。あと、子育て家庭では、お惣菜の量り売りのお店なんかが学校のそばにあるとすごく助かりますね〜。

休みの日には子どもと一緒にゴミステーションへ。瓶や缶の分別は子どもたちの担当。
02.
一人暮らし女性
(50代)

ごみが出ない暮らし気持ち良い

時代の変化、年齢の節目を感じていた時、これからどう生きていこうか考えていました。
そんな時、ごみや環境問題に取組む上勝町のことをラジオで耳にしました。移住する最初のきっかけです。
今は上勝町で農業のお手伝いをしながら布などを使った創作活動をしています。
ごみを出さないように工夫する暮らしって楽しいんですよ。
近所のカフェの量り売り。様々な物を好きな量買えるので便利。

上勝町に来るまで“ゼロ・ウェイスト”という言葉は知りませんでした。でも、幼い頃から身近なものを使っていろいろと工夫しながら暮らしてきたことがつながっているんだなと思いました。

上勝町で暮らすようになって、前よりもさらにごみが出ないように工夫しています。魚屋さんや近くの産直市には、なるべく食器や入れ物を持って買い物に行くようにしています。
家のそばのカフェでは食材や日用品を量り売りしているので、時々利用します。ごみや無駄を減らす取り組みをしているお店や仲間が近くにいるということが、手を取り合いながら暮らしている感じがして、この町に来て良かったなと思います。

移住する前は京都を拠点にバッグを中心とした展示販売をしていました。最近は、制作の際に出る布端を利用してポケットを作っています。服のシミを隠してくれたり、穴が空いてしまった部分を塞いでくれたりと思い入れのあるものなどをもう一度復活させる役割をしてくれるんです。

私のテーマは「どんな工夫をしたら、元気でユニークに生きていけるかを創造すること。そして、それを伝える活動をすること」です。私がこの町に来て暮らしの中でやっていることは、「ゼロ・ウェイストだから」というより、工夫することが楽しいからやっていることがほとんどです。

創作活動でも、布端まで利用するなど無駄が出ないように工夫をしている。
くるくるショップでもらった積み木で、携帯ホルダーを自作。

ゴミステーションにある、くるくるショップも時々覗きに行きます。買おうかなと思っているものも、ここに行くと代用できる物があったりするんですよ。

ごみや浪費、無駄がなくなってくると、とっても嬉しいことがおこるんです。『 時間 』という生活の余白が生まれます。その余白の中で、また知恵と工夫が育まれる、ここでの生活が教えてくれたことです。

身の丈に合った生活を見つけられて、ほっとしています。

03.
一人暮らし男性
(20代)

家庭でのごみ分別を意識するように

徳島市内の高校を卒業して、上勝町で就職が決まりました。
初めての一人暮らし。
不安を感じながらやってきた上勝町でまず驚いたのは
ごみの34分別(2016年当時)でした。
買い物に行くときは必ずエコバッグを持参。たくさん入るし、ごみも出ない。

上勝町に移住するまで、ゼロ・ウェイストのことは全く知りませんでした。ごみを34分別(当時)していることも引っ越してから初めて知りました。
初めての一人暮らしで不安を感じていたので、「そんな面倒なことできるだろうか?」というのが第一印象でした。

しばらくしてエコバッグを持って買い物に行くようになりました。周りのみんながそうしているし、レジ袋が家にどんどん増えていくことがきっかけでした。

上勝町に移住して4年が経ちましたが、家でのごみの分別を意識するようになりました。実家に帰ると分別が違うのでいちいち確認してしまいます。

単身用の住宅はあまりスペースがないので、家では7分別くらいです。仕事が忙しいとなかなかゴミステーションに行けないこともあるので、回収に来て欲しいなと思うことはありますね。

町内で量り売りをしているお店があるので、今後は量り売りも利用してみたいなと思っています。

家庭ではよく出るごみを中心に約7分別。もう少し分別を増やせるようにしたい。
04.
一人暮らし女性
(60代)

昔から使われてきた物が好き

8年半前に移住して、古民家を借りて暮らしています。
昔から使われてきた道具や器が好きなので、自分で直して生活の中で使っています。
小さなことから工夫して生活することで、無駄遣いをしないように心がけています。
もらってきた棚を食器棚に。食器もくるくるショップでもらったものが多い。

もともと、昔から使われてきた道具や器など、良いなーと思うものがあったら生活の中に取り入れたいと思っていました。都会ではなかなか手に入ることがない物もリユースやリサイクルの町、上勝町だからこそ手に入ることがあるんです。それがすごく嬉しかったです。

上勝町に来てすぐの頃は、ゴミステーションによく行っていました。自分の好みに合ったものがあったりすると1週間くらいは嬉しく過ごせます。

昔から使われてきたものって、丁寧に作られていたり、丈夫に作られているんですよね。だからちゃんと手入れすれば長く使えるし、もともとの使い方とは別の使い方をしても楽しい。どんな使い方ができるかなって考えたり、少し手を加えて工夫するのも好きです。

楽器の一部を包丁立てに。元々の用途とは違う使い方を考えるのも楽しみの1つ。
庭には大好きな花をたくさん植えている。花壇にしているものはどれも元は違う物。

買い物はなるべくしません。山なので、山菜など身近に栄養のあるものがあるし、足りないものは自分の畑で作っています。

花が好きなので、家の庭ではいろんな花を育てています。堆肥も買うとかなりの量が必要なので、自分で作っています。花を植えている入れ物もゴミステーションで見つけたり、廃材で作ったものです。

これからも自分で考えたり、工夫して、物の少ないシンプルな生活を送っていきたいと思います。